Blog

WordPress固定ページ編集画面のコンテンツエディターを非表示にする方法

2021.06.06 WordPress
WordPress固定ページ編集画面のコンテンツエディターを非表示にする方法

WordPressでカスタムフィールドを使う際、場合によっては固定ページでコンテンツエディターがいらないケースがあります。

もちろんそのまま表示させておいてもサイトの動作には支障はないですが、クライアントからすると必要のない入力欄があっても邪魔ですし、間違えて入力してしまうなんてこともあるかもしれません。

ということで、WordPress固定ページ編集画面のコンテンツエディターを非表示にする方法をご紹介します。

WordPress固定ページ編集画面のコンテンツエディターを非表示にする方法

すべての固定ページ編集画面でコンテンツエディターを非表示にするには、テーマのfanctions.phpに以下のように記述します。

add_filter('use_block_editor_for_post',function($use_block_editor,$post){
	if($post->post_type==='page'){
		remove_post_type_support('page','editor');
		return false;
	}
	return $use_block_editor;
},10,2);

特定の固定ページでコンテンツエディターを非表示にする方法

しかし実際には、特定の固定ページでのみコンテンツエディターを非表示にしたいというケースの方が多いかもしれません。

その場合は以下のように記述します。

add_filter('use_block_editor_for_post',function($use_block_editor,$post){
	if($post->post_type==='page'){
		if(in_array($post->post_name,['about','company'])){ //ページスラッグが「about」または「company」ならコンテンツエディターを非表示
			remove_post_type_support('page','editor');
			return false;
		}
	}
	return $use_block_editor;
},10,2);